JOURNAL

Evoってなに?eスポーツ最大のオフ大会『Evolution』の魅力とは

2024.01.10

Evoってなに?eスポーツ最大のオフ大会『Evolution』の魅力とは

Evo(Evolution Championship Series)とは

EvoとはEvolution Championship Series(エボリューション・チャンピオン・シップス)の略称で、さまざまな対戦格闘ゲームの大会を数日間にわたって開催する世界最大規模のオフライン大会です。

毎年8月頃に、アメリカ・ラスベガスにある格闘技イベントでも有名な“マンダレイ・ベイ・イベントセンター”で開催されており、世界中から格闘ゲームプレイヤーが集まり競い合います。

また“EVO Japan”として2018年から日本へも進出しており、2024年は“EVO Japan 2024 presented by ROHTO”として有明GYM-EXにて4月末の開催が予定されています。

 

Evoってどんな大会?

Evoはイベントの柱となるいくつかの“メイントーナメント”と、有志によって開かれる “サイドトーナメント”という2種類の大会で構成されており、それぞれに複数のゲームタイトルの大会があります。またゲーム会社による出店や未発売タイトルの試遊台の提供など、様々なイベントが併設されています。

特に決勝戦が集まる最終日には各ゲーム会社から初出の発表があるなど、格闘ゲームのイベントとしてユーザーのみならずゲーム会社からも注目されています。

 

メイン採用ゲームタイトル(2023年)

Evo公式Xより
Evo公式Xより

ストリートファイター6(ストリートファイター シリーズ)

GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア シリーズ)

ドラゴンボール ファイターズ

TEKKEN7(鉄拳 シリーズ)

THE KING OF FIGHTERS XV(キング・オブ・ファイターズ シリーズ)

MELTY BLOOD: TYPE LUMINA(メルティブラッド シリーズ)

Mortal Kombat 11 Ultimate(モータルコンバット シリーズ)

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3(VS. シリーズ)

 

Evoの歴史

Evoの始まりは1995年、カリフォルニア州サニーベールにあるゴルフランド内アーケードゲームコーナーで開催された“Battle by the Bay”という大会です。ゴルフランドは国内でもストリートファイターが特に盛り上がっていた場所で、ソーシャルサイト“Syoryuken.com”にて働いていたトニー・キャノンを中心にイベントが企画され、40名程度の参加者が集まり開催されました。

2002年に開催地をネバダ州ラスベガスへ移し、大会名を“Evolution”と改称、種目数を増やすなど年々規模を拡大。2016年には決勝戦が集まる最終日を、現在の会場である“マンダレイ・ベイ・イベント・センター”にて開催しました。

2021年には、ソニー・インタラクティブエンタテインメント社がUFCやWWEなど有名格闘技団体を傘下に持つEndeavor社のグループ会社であるRTS社と合弁会社を設立、Evoを共同買収し現在に至ります。

 

Evoの魅力とは

約1万人の参加者数

Evoが世界最大と言われる一番の理由は、大会参加者数の多さです。2023年の公式発表ではユニークで9,182名が参加した(※1)と報じられており、日本からは172名が参加したと発表されています。これは2022年の5,052名の1.8倍という大きな増加となりました。特にストリートファイターシリーズの最新作“ストリートファイター6”の大会は7,000人を超える参加者が集まり、過去最高の参加者数となりました。

タイトル別参加者数(Evo公式サイトより)
タイトル別参加者数(Evo公式サイトより)

 

実際に大会に参加する以外にも、参加者のサポートや応援、観戦を目的とした来場者も居り、12,000名のキャパシティであるマンダレイ・ベイ・イベントセンター一杯の人々が決勝戦を見守ります。

 

※1)引用:Evo公式サイトより(外部サイト

 

ドラマのようなストーリーが有る

Evoでは格闘ゲームにおいて、最も有名であろう試合があります。それはEvo 2004の準決勝、日本のプロプレイヤー梅原大吾選手とアメリカの強豪であるジャスティン・ウォン選手の対戦です。

二人はお互いに認識が有りながらも、この試合まで直接の対戦経験は無かったと言われています。ジャスティン・ウォン選手に追い詰められた梅原大吾選手が、すべての攻撃をいなして逆転をするこの動画はいくつも動画サイトにアップロードされ、1700万再生を超える動画も存在します。

格闘ゲームはプレイしていないが、この動画は見たことが有るという方も多いではないでしょうか。

このように、プレイヤーやそのプレイを中心としたドラマが毎年繰り広げられます。

 

権威ある特別な大会

格闘ゲームの公式大会は、認定された複数の大会の戦績でポイントを付与し、ポイント上位者に決勝大会への出場権を与えるツアー形式をとることが多く、中でもEvoは最も多くポイントが付与される大会として重要な位置づけをされている場合が多いです。そのためプロ選手も多く参加し、権威ある大会と認識されています。

ストリートファイターの公式大会“CAPCOM PRO TOUR 2023(CPT2023)”では、Evo優勝者はツアーポイントに関係なく決勝大会に進めるという特別な大会のひとつとして認定されており、2023年はアラブ首長国連邦のプロプレイヤーであるAngryBird選手が優勝し、ストリートファイター6初のCPT2023決勝大会である”CAPCOM CUP X“出場第1号となりました。

 

国内事例

Evoから派生した大会である“Evo Japan“は、2019年に福岡に誘致され開催、延べ13,000人を動員した(※2)と報じられています。また2023年は東京ビッグサイトで開催され、延べ35,000人の来場(※3)と規模を拡大しています。

2024年のEVO Japanは4月に有明での開催が予定されています。

Evo Japan公式サイト(外部サイト

 

※2)引用:#FUKUOKAより(外部サイト

※3)引用:4Gamer.netより(外部サイト

 

まとめ

Evoはeスポーツのプロプレイヤーだけでなく、アマチュアの参加者も現地に集まり一緒にプレイをする大会です。ゲームを通して、様々な人が一緒に楽しみ、ドラマが生まれるイベントとして規模を拡大し続けています。

「ラスベガスに行くのは難しい」という方も、ぜひ日本版Evoである“Evo Japan”へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

JCGではeスポーツのイベント開催や番組制作に関するご相談を受け付けております。

大会運営・番組制作・配信技術など、お困りのことがございましたらぜひご連絡ください。

お問合せフォーム

資料ダウンロードフォーム

この記事を共有